「やる?」「やらない?」年末の大掃除 - フラワーアレンジメント教室アトリエ玲花のブログ

アトリエ 玲花
フランススタイルのフラワーアレンジメント教室

「やる?」「やらない?」年末の大掃除

みなさんは、年末の大掃除をやりますか?
掃除の嫌いな人でも大掃除くらいやるでしょう、と思っている皆さん、
実際やる方は61%だということがわかりました。
これは花王株式会社が20歳代〜69歳までの既婚女性千人を対象に
行ったアンケート調査の結果です。

2005年時、大掃除をすると答えた人は87%、でも昨年2015年には
上記の61%と26%も減っています。
日本人にとって、新年を迎えるということは特別なこと。
でも以前は年中行事の1つで一家総出で行った大掃除は、家族の形態や住居の
規模が小さくなっているようです。
因みに大掃除をする時期は、クリスマスが終わった12月26日〜29日がピークだそう。
まさに、明日からがピークなのです。

私の掃除のコンセプトは「どこを開けてもきれいな部屋」と決めています。
引き出し、クローゼット、シンク下など、いつだれが開けてもきれいだと思われるように
したいと言うのが理想です。
それじゃ、掃除じゃなくて整理整頓でしょう?と言われそうですが、誰でも整理整頓が進めば
おのずと掃除をしたくなる、と私は考えます。

今年はセスキに関する本を読んで、俄然やる気が湧いてきました。
この年末の大掃除はセスキで頑張ってみようと思います。

ところで、友人からタオルの収納について聞かれました。
バスタオルを使わない私は、フェイスタオルの収納しかお話しできないのですが
初めに縦に3等分にして、それを4等分にして、輪の部分が表にくるように立てて収納しています。
これは「フランス人は服を10着しか持たない」の著者ジェニファー・L・スコットも紹介していた方法です。

タオル

タオルの入っている入れ物は、無印のファイルケースを横にして使っています。
棚のしたに見える入浴剤は花王のバブですが、いつでもサッと使えるようミニトマトの容器に入れています。
何でもリユースというのは、気持ちの良いものですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る