2016年12月 - フラワーアレンジメント教室アトリエ玲花のブログ

アトリエ 玲花
フランススタイルのフラワーアレンジメント教室
こんにちは。
今日は私がいつもお世話になっている美容院を紹介します。
JR田町駅東口からまっすぐ徒歩5分の「リンダ」さんです。
えっ!? 赤羽じゃないの?
そう、赤羽ではありません。

ここのオーナーの平賀さんは、私の会社のオフィスが新宿に移転した当時からの付き合いで
かれこれ20年になります。(時の流れは速い!恐ろしい〜)
当時、バーニーズニューヨークの屋根裏?にあったモッズヘアで彼女はシャンプーを担当していた
新人さんでした。
聞けば「人をきれいにするのが好き」と美容師になりたくて、会社員を辞めて飛び込んだのが
モッズヘアとのこと。
それからというもの、モッズ独自のスタイリスト試験に落ちた時、結婚するとき、子供が生まれた時、
お店を開くとき、私の母がガンになった時・・・などなど、二人で泣いたり笑ったりしながら年を重ねてきました。
でも、彼女の「人をきれいにしたい」という思いは、お店を開いてからもまったく変わっていません。
こちらが平賀さんです。(私は旧姓の佐藤さんで呼んでいます。)

リンダ

お店は、白を基調にしたすてきなお店で、行くたびにホッとできる雰囲気です。
もちろん、モッズ仕込みのテクニカルの面も素晴らしく、私は彼女を自分のわがままリクエストを
叶えてくれる「魔法使い」と呼んでいるほどです。
ぜひLindaをお訪ねください。

さて、既に12月30日、ということで、お正月アレンジを観て頂きますね。
なんだか平凡になってしまいましたが、今年は白いアジサイをメインに若松・葉ボタン・マムなどをあしらってみました。

正月アレンジ2

相変わらず写真が下手ですみません。
みなさん良いお年を!!


私事で恐縮ですが、この度長年勤めていた会社を退職いたしました。
ジャジャジャ〜ン!!
これまでお世話になった方々には、ただただ感謝しかありません。
ありがとうございました。

せっかくなので、送別会で頂いたアレンジをご紹介します。

送別アレンジ

所属部所での送別会に頂いたアレンジです。
頂いてから既に10日目、さすがにミントの葉などは黄色くなってきましたが、ラナンキュラス・ダリア
・胡蝶蘭など、花はまだしっかりと咲いてくれています。
冬のこの時期は、乾燥と気温の低さが関係し、お花がきれいに長持ちします。
もちろん、エアコンの風が当たる場所や気温差の大きい場所などは別ですが・・・

もう一つの花は、尊敬する2人のもと上司から頂いたものです。
家でスパイラルブーケに組み替えて飾っています。
頂いてから5日目、まだまだ元気に咲き誇っています。

送別2

下さったもと上司は、会社を去るときは必ずご挨拶をしようと決めていたお二人でした。
お二人とも仕事に関しては厳しい方ですが、私が質問したことに対してはどんな小さなことでも
納得がいくまで説明をしてくださいました。(根気のいる部下でした。)
ご挨拶だけ、と思っていたら、送別会まで開いてくださり、3人で時間を忘れて語り合いました。

ある時、その後に着任した上司のことで悩んでした私は、ある研修講師の方に「理想の上司は、
すぐに異動しちゃうんですよね。」というと、「それはすごい!そういう上司に一生巡り会えない人も
います。」と間髪を入れすに言われたことがありました。
本当にそうです!!長いサラリーマン生活で、理想の上司に巡り会えた私は、本当に幸せ者です。!

さて、自分だけ感激してないで、そろそろ会社から送った私物のダンボールを開けましょうか・・・

みなさんは、年末の大掃除をやりますか?
掃除の嫌いな人でも大掃除くらいやるでしょう、と思っている皆さん、
実際やる方は61%だということがわかりました。
これは花王株式会社が20歳代〜69歳までの既婚女性千人を対象に
行ったアンケート調査の結果です。

2005年時、大掃除をすると答えた人は87%、でも昨年2015年には
上記の61%と26%も減っています。
日本人にとって、新年を迎えるということは特別なこと。
でも以前は年中行事の1つで一家総出で行った大掃除は、家族の形態や住居の
規模が小さくなっているようです。
因みに大掃除をする時期は、クリスマスが終わった12月26日〜29日がピークだそう。
まさに、明日からがピークなのです。

私の掃除のコンセプトは「どこを開けてもきれいな部屋」と決めています。
引き出し、クローゼット、シンク下など、いつだれが開けてもきれいだと思われるように
したいと言うのが理想です。
それじゃ、掃除じゃなくて整理整頓でしょう?と言われそうですが、誰でも整理整頓が進めば
おのずと掃除をしたくなる、と私は考えます。

今年はセスキに関する本を読んで、俄然やる気が湧いてきました。
この年末の大掃除はセスキで頑張ってみようと思います。

ところで、友人からタオルの収納について聞かれました。
バスタオルを使わない私は、フェイスタオルの収納しかお話しできないのですが
初めに縦に3等分にして、それを4等分にして、輪の部分が表にくるように立てて収納しています。
これは「フランス人は服を10着しか持たない」の著者ジェニファー・L・スコットも紹介していた方法です。

タオル

タオルの入っている入れ物は、無印のファイルケースを横にして使っています。
棚のしたに見える入浴剤は花王のバブですが、いつでもサッと使えるようミニトマトの容器に入れています。
何でもリユースというのは、気持ちの良いものですね。

このページの先頭に戻る