2018年06月 - フラワーアレンジメント教室アトリエ玲花のブログ

アトリエ 玲花
フランススタイルのフラワーアレンジメント教室
私がこのマンションに引っ越してきたのは、1999年12月6日。
既に19年が経ちました。

みなさんに紹介している我が家のキッチンも同様に年をとり、みなさんのお宅のキッチンの方が
型もスタイルも格段にグレードアップされていると思います。
なので、今回のキッチン収納も参考程度に見て頂ければ幸いです。

シンク周りのご紹介です。
壁にはウォールステッカー、シンクの上のパネルはイギリスで購入したもので、2枚を高さ違いで
貼りました。
良く見えませんが床のマットは大好きなKEYUCAのもので、3回目のリピです。

シンク周り1

続いてシンク下です。
新しい形のキッチンは引き出しが多いですが、わたしの家は古いままの物入れです。

シンク下

もちろん、スライドできる棚を3段使いにして、上段にはラーメンどんぶりや卵焼き用フライパン
小鍋がすぐに使えるようにスタンバイ。
2段目はティファールの鍋類やザル、ボールなどかさばるもの。
3段目はティファール用の蓋やお弁当道具などを収納しています。

引き出しタイプの方が当然、物は入るのでしょうね。
お金を貯めないと・・・こういう写真を見ると、いつも反省です。

今日は梅雨の中休みだそうなので、洗濯を頑張りました。(笑)

さて、暑くなってきたこの季節。
「トロピカルリーフ」と名付けて、白いパニエにモンステラやモカラ、ミニパイナップルを
アレンジしてみました。


toropikaru

少しは南国気分を楽しんでいただけたでしょうか?

実はレッスン前に少しショックなことが・・・
オレンジ色のガーベラの半分が首が折れた状態で届いたのです。
すぐに問屋さんに連絡したところ、代金の返却をしてくれるとのこと。
でも花材の半分が首折れでは、足りない場合はレッスンの内容を変更しなければなりません。
このようなリスクも考えなければと、学習させてもらいました。( ノД`)シクシク…



梅雨に向っているのでしょうけど、今日はとても良い天気。
テンションも上がります。

今頃ですが、5月のレッスン作品をご紹介します。

シナモンを貼り付けた器に、ブルーバジル、プレアンサスチョーク、カーネーションのミネルバを
挿しました。
このようにフランススタイルでは、器を手作りすることが多いのです。

しなもん2

なんだか地味ですが、Facebookのお友達は「シック」と言ってくださいました。
シナモンには女性ホルモンを整える力があり、バジルには精神的な落ち込みを
回復させる働きがあります。

私も精神的な落ち込みを回避しなければ・・・(笑)

このページの先頭に戻る