プリザーブドフラワーのアレンジ - フラワーアレンジメント教室アトリエ玲花のブログ

アトリエ 玲花
フランススタイルのフラワーアレンジメント教室

プリザーブドフラワーのアレンジ

7月のレッスンは、暑くなってきたこともあり、プリザーブドフラワーでアレンジを作りました。
プリザーブドフラワーは、「Preserved 保存する、長持ちさせる)」と意味があるようです。
1991年にフランスで誕生し、5年後に日本に輸入されるようになりました。
生花を特殊な液に浸し、乾燥させたものです。
良く分からない人は、「色を吸わせる」と言いますが、吸わせるのはほんの一部の花だけです。
だから、服に付くとどんなに頑張っても取れません。(経験者です。)

今回のレッスンでは生徒さんのご希望で、スタンド型花器を使用しました。
友人や妹も参加して、楽しいレッスンとなりました。

puri

5色のバラとグリーンのアジサイを準備して、好きな色を組み合わせてもらいました。
最後に蝶を貼り付けて完成!
皆さん、かわいくできて大満足でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る