Green Book - フラワーアレンジメント教室アトリエ玲花のブログ

アトリエ 玲花
フランススタイルのフラワーアレンジメント教室

Green Book

特にオスカーをとった作品だからではなく、以前から観たかった映画型あります。
それが実話である“GreenBook”。

舞台は1962年。
普段はニューヨークのペントハウスに住む、黒人天才ピアニストのドクターシャーリーが
演奏旅行にドライバーとして選んだのがトニーリップというイタリア系アメリカ人でした。
旅行先は、当時黒人差別が合法であったアメリカ南部。
トイレは外、服を買おうと店に入れば追い出される、楽屋は物置などなど
差別が公然と行われている南部を、黒人用ガイドブック“GreenBook”を頼りにに
演奏をしながら旅を進めていきます。

ドライバーのニックは、黒人が使ったコップはすぐに捨てるほどの差別感を持つ人間。
家族のためにお金になるドライバーをしながら、ドクターシーャリーの演奏の素晴らしさと
人間性に魅かれていきます。

映画公開にあわせ、来日したピーター・ファレリ監督は、実話を聞いた時点で
「この作品は、絶対に作らなければと感じた。世界中で人種問題は起こっているけど、
いつの時代でもお互いを知ることで希望は生まれると信じている。」と語り、称賛される
一方で、アメリカ本国では、アカデミー賞受賞に否定的な意見もあることを明かしました。

1962年といえば、まだ私は生まれてしなかった・・・と言いたいところですが、
小さいながら生まれていました。(すみません。・・)ということは、歴史上から見ればつい最近のこと。
そんなアメリカで大統領になったオバマさんって、本当にすごい人なんだな、と心から思いました。
まだご覧になっていない方は、ぜひご覧ください。

green1
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る