フラワーアレンジメント教室 東京都北区 - フラワーアレンジメント教室アトリエ玲花のブログ

アトリエ 玲花
フランススタイルのフラワーアレンジメント教室
寒いですね。
二回目の非常事態宣言中でしたが、お花大好きとおっしゃる
生徒さんに背中を押されて、昨日(1月16日)にレッスンを行いました。
テーマは「春いっぱいのアレンジメント」
早咲きの桜とラナンキュラスとチューリップをあわせたアレンジになりました。
写真は生徒さんの作品です。

春いっぱい

桜が開花していなので地味ですが、他の花材は作成中にドンドン開花していきました。
まさしく「春いっぱい」ですね。

明日から猛烈な寒さになると天気予報では言ってましたね。
風邪などひかぬよう、ご自愛ください。

さて、12月のレッスンは当然クリスマス。
流行り?のダスティミラーでリースを作成しました。

ダスティミラー

花材はダスティミラー、バラ2種類、ヒペリカムです。
ダイスティミラーがシルバーに輝き、大人のリースに仕上がりました。
いかがでしょうか?

花材が余ったので、生まれて初めてスワッグなるものを作りました。
もちろん全てドライになる花材です。
クジャクヒバ、スターチス、グニユーカリ、ダスティミラー、ヒペリカムで作ってみました。
初めてにしてはマアマアですかね。

スワッグ2

昨年のクリスマスブーツのお菓子を食べ終わったあとのかわいいブーツも残しておいたので、それにもアレンジ。

bu-tu

工夫次第で、なんでも花器になってしまいますね。(笑)

コロナの影響ではなく、なんとなく映画館から足が遠のいていた昨今、
直木賞作家原作の「ホテル  ローヤル」を観てきました。

日曜日なのに席はガラガラ・・・それなのにコロナの影響で、日祭日は売店でも
飲み物しか売っていませんでした。(寂しいですね。)

波瑠さんは、特に興味がある女優さんではなかったけれど、
この映画の波瑠さんは「超絶美しい!」
こんな女性になれたなら・・・と感じるほど美しかった!かわいかった!

ホテル ローヤル

物語の舞台は釧路にあるラブホ。
ラブホの経営者と娘、そして訪れるお客さんの日常を過去と現在を交差して
綴っていくお話。
FBのお友達から「心がホッコリする映画だった。」との感想を聞き
エイヤ!で行って本当に良かったです。
派手さはないけど、淡々とした毎日が映し出されています。

機会があったらぜひご覧あれ。



このページの先頭に戻る